塗装工事の負担を減らしたい!それなら屋根と外壁を一緒に塗装するのがおすすめ!

投稿日:2023年5月31日

「外壁が汚れてきてそろそろ塗装しようかな?」

そう考えている方は、屋根塗装もご一緒にご検討してみませんか?

 

塗装工事は高所作業がありますので、必ず足場を設置します。足場は15〜25万円ほど掛かり、外壁塗装総額の約2割ほどです。お住まいのメンテナンスは定期的に行う必要があり、多くのお金が必要になります。できるだけコストを抑えたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

 

お住まいのメンテナンス工事は1回の工事代だけで考えるのではなく、将来的に必要になる工事のことも考えてトータルコストを意識して計画することが大事です。そのトータルコストに大きく関わるのが足場代です。足場は有効活用すれば、トータルコストを減らすことができます。

 

その方法の一つが屋根と外壁を一緒に塗装することです。

 

本実は屋根と外壁を一緒に塗装するメリットをご紹介いたします!

 

【屋根と外壁を一緒に塗装するメリット】

塗装工事の負担を減らしたい!それなら屋根と外壁を一緒に塗装するのがおすすめ!

なぜ屋根と外壁を一緒に塗装するのがいいのか、そのメリットをご説明していきます。塗装は建物を保護するために重要なメンテナンスですので、どうしても工事を避けることはできません。

 

塗装工事は数十万円から百万円を超える高額工事ですから、お得になる方法があるのなら、どんどん活用していきましょう!

 

【足場の設置回数が減り、トータルコストを減らせる】

塗装工事の負担を減らしたい!それなら屋根と外壁を一緒に塗装するのがおすすめ!

塗装工事の費用でネックなのが足場代かもしれません。足場は「安全性」「工事の品質」「作業効率」などのために必要なものですが、工事が終わるとすべて取り払われてしまいますので、高額な費用をか支払うメリットがなんとなく感じにくいかもしれません。

 

「足場は高い……でも、絶対に省けないもの」ともの凄くジレンマを感じてしまいますね。しかし、この足場を有効活用すれば、お住まいのメンテナンスコストを減らすことにつながるのです。

 

足場は高所作業工事を行うときに設置しますが、1回設置すればそれ以上費用が発生することはありません。この設置回数がコストの負担を減らす大事なポイントです。足場を何度も設置すればそれだけ費用が掛かりますが、反対に設置する回数が減れば費用は減らすことができます。

 

これがどう言うことかというと屋根と外壁を別々に塗装するよりも、同時に塗装すれば足場は1回設置するだけで済むということです。

 

例えば「外壁塗装100万円」「屋根塗装50万円」「足場代20万円」とした場合を比較してみましょう。

 

【別々に塗装した場合】

・外壁塗装+足場=120万円

・屋根塗装+足場=70万円

総額:190万円
【同時に塗装した場合】 ・外壁塗装+屋根塗装+足場=170万円 総額:170万円

 

上記の表を見ての通り、屋根と外壁を一緒に塗装すれば、1回分の足場代を節約することができ、20万円もコストを減らすことができます。足場代は高いと感じるかもしれませんが、このように有効活用することで、お住まいに掛かるメンテナンスコストを減らすことができるのです。

 

【次回の塗装工事がしやすくなる】

塗装工事の負担を減らしたい!それなら屋根と外壁を一緒に塗装するのがおすすめ!

屋根と外壁を一緒に塗装するメリットは、コストを抑えられるだけではありません。その他のメリットは、屋根と外壁を一緒に塗装することで、次の塗装工事もしやすくなるということです。

 

【塗料の種類】 【耐用年数】
ウレタン塗料 7〜10年
シリコン塗料 10〜15年
フッ素塗料 15年〜

 

上記の表の通り、塗料は耐用年数があります。耐用年数を過ぎれば、また塗装工事が必要になります。もし、別々に塗装した場合、次の塗装時期がそれぞれ違うため、後から屋根と外壁を一緒に塗装するにしても、どちらか一方はまだ劣化が進んでいなくて塗装のタイミングがつかみにくいと感じるかもしれません。

 

その点、一緒に塗装すれば劣化の進捗が大きくずれることはありませんので、次の塗装工事もしやすくなります。

 

塗料についてはこちらから

 

【建物全体をトータルコーディネートできる】

塗装工事の負担を減らしたい!それなら屋根と外壁を一緒に塗装するのがおすすめ!

屋根と外壁のどちらか一方を残すと、塗装できれいになったところと劣化がしているところで違いが出てしまいます。塗装は建物の美観性を向上させる目的がありますが、古くなっているところが残っていると中途半端な感覚が残るかもしれません。また、色決めのときは、すでに塗装されているところを基準にするため、選択できる色に制限ができます。

 

屋根と外壁を一緒に塗装するのなら、トータルコーディネートができて、選択できる色の制限もありません。中山建装はカラーシミュレーションを行なっておりますので、完成イメージを画像で確認することができ、お客様がご満足できる外観にコーディネートできます!

 

カラーシミュレーションについてはこちらから

 

【工事するための手間が減る】

塗装工事の負担を減らしたい!それなら屋根と外壁を一緒に塗装するのがおすすめ!

塗装工事をするには、業者に問い合わせたり、現地調査、見積もり、打ち合わせなどを一から行わなければなりません。また、工事が始まれば一週間ほど足場に囲まれて作業音が響く中で生活することになります。工事は思っているよりも手間が必要で、普段の生活にも負担がかかります。

 

別々に工事をするということは、このような体験をもう一度するということです。屋根と外壁を塗装する場合、工期は少し延びますが、工事を始めるための手間や工事が始まったときの負担を何度も負う必要がなくなります。工事で気疲れしてしまう方もいらっしゃいますので、できるだけ負担が減るように工事を行ってください。

 

工事のお問い合わせからお引渡しまでの流れはこちらの「お問い合わせからの流れ」をご覧ください。

 

【塗装以外の高所作業工事もご検討ください!】

塗装工事の負担を減らしたい!それなら屋根と外壁を一緒に塗装するのがおすすめ!

塗装工事をお考えの方は、ここまでお伝えしたとおり、屋根と外壁を一緒に塗装することをおすすめします。足場の設置回数が減れば、その分だけお住まいに掛かるメンテナンスコストを減らすことができます。

 

お住まいのメンテナンス工事は、1回の工事だけを考えて決めるのではなく、将来的に必要になる工事のことも考えて、トータルコストを意識して計画することが大切です。

 

高所作業は屋根塗装や外壁塗装尾だけではありません。「雨樋工事」や「コーキング工事」「棟板金工事」なども高所作業工事ですので、これらの高所作業工事もご検討してみてください。

 

お住まいのメンテナンス工事でお困りのことやご不明点などがございましたらご相談にのりますので、お気軽にお声がけください。中山建装は無料で建物診断を実施しております。診断後はお客様に最適な工事プランをご提案いたします!

 

無料診断はこちらの「屋根・外壁0円診断」をご覧ください。

 

“mu”

 

大阪府堺市で、塗装工事、屋根工事のことなら、中山建装へお気軽にご相談ください。

 

大阪府堺市の外壁塗装・屋根塗装なら(株)中山建装へ


大阪府堺市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店

株式会社中山建装

https://nakayama-kenso.com/
住所:大阪府堺市南区泉田中152-1

お問い合わせ窓口:050-7586-3757
(9:00-18:00 土日祝も対応)

対応エリア:堺市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://nakayama-kenso.com/case/
お客様の声 https://nakayama-kenso.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://nakayama-kenso.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://nakayama-kenso.com/contact/


豊富な経験と国家資格を持った技術者が
責任をもって対応します!

  • 一級塗装技能士

    国家資格一級塗装技能士

  • 一級建築施工管理技士

    国家資格一級建築施工管理技士

  • 雨漏り鑑定士

    雨漏り鑑定士
    社)雨漏り鑑定士協会

  • 外装劣化診断士

    外装劣化診断士
    社)住宅保全推進協会

  • マンション改修塗装技能士

    マンション改修塗装技能士1級
    社)マンション改修技能者育成協会

  • 監理技術者

    国土交通大臣指定資格者証交付機関
    財)建設業技術者センター監理技術者

  • 外壁仕上一級技能者

    外壁仕上一級技能者
    日本外壁仕上業協同組合連合会

  • 外壁仕上基幹技能者

    外壁仕上基幹技能者
    日本外壁仕上業協同組合連合会

  • 一般建築物石綿含有建材調査者

    一般建築物石綿含有建材調査者
    財)日本環境衛生センター