現場レポート

大阪府堺市 外壁塗装 下地調整 ケレン 破風 鼻隠し

2020年8月19日更新

大阪府堺市の外壁塗装を行ってきました。

今回はその中でもケレンという作業についてお伝えしようと思います。

 

外壁のひび割れがあれば、高圧洗浄の後にひびの補修をします。

しっかりコーキング材を埋め込み、そこを平らにならし、その上で下塗りをしていく.

これが下地処理なのですが、下塗りをする前にすることがあります。

それがケレンといわれる下地調整のことで、下地処理全体の一部になっています。

 

下地処理の流れについて詳しくは⇒こちら

 

ケレンは、塗っていくその前に塗料の密着をよくするためにする作業で

古い塗料が残っていればしっかりとる、サビや汚れなどは取り切っておく、などがあります。

これを怠ると、いくら高い塗料を塗っても無駄になります。

早い時期に剥がれてしまうことになりかねません。

またたとえ剥がれなかったとしても、時がたつにつれて色むらが見えてきたということもあります。

下地がきれいでなければお化粧が均一にのらないということですね。

 

 

最近はDIYが流行っているので、塗装も家でしてみようかという方もいらっしゃるようです。

が、結果として長もちしなかった、すぐに剥がれてしまったという話もよくお聞きします。

いい塗料を使ったのにどうして?説明書を守って丁寧にしたのにどうしてムラに?といったご質問を受けますが

よくよく聞いていくと、下地調整、つまりケレンが十分でなかったということが多いのです。

 

実はこのケレン作業にはだくさんの種類の道具を使います。

ヘラやスクレーバー、ワイヤーブラシ、紙やすり、カップブラシ、ディスクサンダーなど。

他に、粗いめのスポンジや不織布を使うこともあります。

汚れやコケの程度、またサビのあるなしによって使い分け、徹底的にするためにはいろいろ必要です。

さらに高圧洗浄。

これもコケや汚れなどのときには威力を発揮します。

そういった道具をすべてそろえるのは少し大変かもしれませんね。

 

今回のお客様は外壁に合わせて

雨どいの下にある鼻隠しという部分や、三角部分の破風とよばれるところを塗装しました。

どちらもある程度の長さがあるので、ところどころはがれていると目立ちます。

古い塗料で、密着性を妨げるものはすべてはがし、きれいに下地調整しました。

そこからいつも通り、下塗りからしていきます。

プロの仕事ですから、長年もちましたと言われなければいけませんからね。

きちんと密着させることを意識しながら塗っていきました。

 

破風や鼻隠しも含めての外壁塗装で、全体が美しくなり喜んでいただけました。

ありがとうございました。

 

☆M

 

大阪府堺市で、塗装工事、屋根工事のことなら、中山建装へお気軽にご相談ください。


大阪府堺市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店

株式会社中山建装

https://nakayama-kenso.com/
住所:大阪府堺市南区御池台2丁2番2-2

お問い合わせ窓口:050-7586-3757
(9:00-18:00 土日祝も対応)

対応エリア:堺市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://nakayama-kenso.com/case/
お客様の声 https://nakayama-kenso.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://nakayama-kenso.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://nakayama-kenso.com/contact/


豊富な経験と国家資格を持った技術者が
責任をもって対応します!

  • 一級塗装技能士

    国家資格一級塗装技能士

  • 一級建築施工管理技士

    国家資格一級建築施工管理技士

  • 外壁劣化診断士

    外壁劣化診断士社)住宅保全推進協会

  • 管理技術者

    国土交通大臣指定資格者証交付機関
    財)建設業技術者センター管理技術者

  • 外壁仕上一級技能者

    外壁仕上一級技能者
    日本外壁仕上業協同組合連合会

  • 外壁仕上基幹技能者

    外壁仕上基幹技能者
    日本外壁仕上業協同組合連合会