現場レポート

屋根の棟板金補修工事 火災保険利用の修繕工事について

2021年2月20日更新

屋根板金補修の画像

本日の現場レポートは屋根の棟板金補修工事についてお伝えしていきます。屋根の棟板金は、よく強風に煽られて飛ばされてしまう被害があります。棟板金は釘で固定されているのですが、経年劣化により固定する強度が低下していきますので、ある程度の年数が経ちましたらメンテナンスすることをおすすめします。

 

また、台風などの自然災害が原因して被害を受けた場合、火災保険を利用して修理することができる場合があります。火災保険が適用されれば修理費用の負担も軽減できますので、もし被害を受けてしまった時は火災保険のご利用をご検討ください。

 

火災保険についてはこちらの「火災保険を使った修繕工事」で詳しくお伝えしていますのでご参考にしてください。

 

屋根板金補修の画像

 

棟板金の下には上記の写真のように貫板という木の板が取り付けてあり、これが板金を固定する下地となっています。写真を見ての通り、経年劣化を起こしており、強度も低下しているため釘が抜けてしまうことがあります。

 

屋根板金補修の画像

 

屋根の傾斜側の棟を隅棟といって、そこのところに取り付けてある板金が隅棟板金です。こちらも風で飛ばされてしまうことがあるため劣化症状には注意しましょう。今回見ていただいている現場の板金は塗装の劣化による色褪せと錆が発生しています。

 

屋根板金補修の画像

 

塗装の劣化は錆を進行させ、部材の強度を低下させます。板金が風で飛んでいくと近隣の建物や駐車している車を傷つけてしまう恐れがあります。このような被害を起こさないためにも適切なタイミングでメンテナンスをしましょう。屋根は高い場所にあるため目視では確認できませんから、専門業者に依頼して定期的に状態を点検してもらうことをおすすめします。

 

建物点検についてはこちらの「屋根・外壁0円診断」をご覧ください。

 

それでは今回の棟板金補修工事の現場レポートはここまでです。続きは次回の現場レポートでご紹介しますので楽しみにお待ちください。

*mu*


大阪府堺市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店

株式会社中山建装

https://nakayama-kenso.com/
住所:大阪府堺市南区御池台2丁2番2-2

お問い合わせ窓口:050-7586-3757
(9:00-18:00 土日祝も対応)

対応エリア:堺市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://nakayama-kenso.com/case/
お客様の声 https://nakayama-kenso.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://nakayama-kenso.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://nakayama-kenso.com/contact/


豊富な経験と国家資格を持った技術者が
責任をもって対応します!

  • 一級塗装技能士

    国家資格一級塗装技能士

  • 一級建築施工管理技士

    国家資格一級建築施工管理技士

  • 外壁劣化診断士

    外壁劣化診断士社)住宅保全推進協会

  • 管理技術者

    国土交通大臣指定資格者証交付機関
    財)建設業技術者センター管理技術者

  • 外壁仕上一級技能者

    外壁仕上一級技能者
    日本外壁仕上業協同組合連合会

  • 外壁仕上基幹技能者

    外壁仕上基幹技能者
    日本外壁仕上業協同組合連合会