屋根塗装をするときは補修も一緒に行いましょう!

2022年5月31日更新

屋根は安心して生活をするために重要な構造体です。

屋根が痛んでいたり、壊れてしまっていたりしたら簡単に雨が入ってきてまともに過ごすことができなくなってしまいます。

 

私たちの生活を守る屋根を長く維持していくためにもメンテナンスは欠かせません。

屋根は風雨にさらされて傷みがでやすいところです。

 

これまでの蓄積で屋根もダメージを負っていますので、塗装をするときは補修も一緒に行なっておくことが大切です。

今回は屋根塗装と一緒に補修工事も行なっておく重要性を解説していきます。

 

【屋根塗装をするときは補修も一緒に!】

屋根は年数が経っていると屋根材のひび割れやコーキングの劣化、汚れや苔の付着、板金のサビなどいろいろな劣化症状が出てきます。

 

しかし、こういった屋根の劣化は下からでは確認することができないため、気づかずにそのままにされてしまうことが多いです。

 

屋根に不具合が起きてしまうと最悪は雨漏りを引き起こしてしまいます。

屋根塗装をするときは、これまでの蓄積したダメージを補修しておくことが大事です。

 

もし、補修をせずに塗装をしてしまうと後々トラブルを起こしてしまう可能性があります。

 

見栄えだけ良くしても不具合を起こしているところが残っていれば状態の改善にはつながりません。

 

屋根の耐久性にも関わり、せっかく塗装をしたのに短い周期でまた工事が必要になる恐れもあります。

 

屋根を長く保たせるためには悪くなっているところも一緒に直すことが必要ですから、屋根塗装をする際は補修工事も一緒に行なっておきましょう。

 

屋根の劣化症状についてはこちらの「気がつきにくい屋根の劣化症状とは?定期的に点検をしましょう!」をご覧ください。

 

【屋根補修工事の種類】

屋根塗装をするときは補修も一緒に行いましょう!

屋根補修は「屋根材補修工事」「棟板金工事」があります。

以下に各補修工事の内容をご説明します。

 

屋根材補修

屋根塗装をするときは補修も一緒に行いましょう!

 

屋根材は以下の種類があります。

 

・日本瓦(和瓦、粘土瓦、陶器瓦とも呼ばれています)

・セメント瓦

・モニエル瓦

・スレート

・アスファルトシングル

・金属屋根(トタン、ガルバリウム、銅などがあります)

 

瓦やスレートは経年劣化でひび割れることがあります。

 

ひび割れや破損した屋根材は「ひび割れ補修」か「屋根材の差し替え」を行います。

 

ひび割れるとそこから水が侵入しやすくなり、劣化を早める原因に。

また、破損した破片が風に飛ばされて近隣の建物を傷つけてしまう恐れもあります。

屋根材を補修しておけば劣化の進行を防ぎ、塗装の仕上がりも良くなります。

 

棟板金工事

屋根塗装をするときは補修も一緒に行いましょう!

棟板金とは屋根の棟(屋根の頭頂部)のところに被せてある板金のことです。

ここは風雨にさらされて痛んでいますので状態には注意しておきましょう。

 

棟板金は「コーキングの劣化」「釘抜け」「下地の腐食」「板金の捲れまたは剥がれ」などの損傷を受けていることがあります。

 

定期的に状態を確認し、適切なタイミングで補修しておかないと被害が広がってしまいます。

 

台風など強風が吹く時期になると棟板金の破損や風に飛ばされてしまう被害が多くなります。

 

塗装前にコーキングの打ち替えや釘の再打ち込み、下地交換、棟板金の交換などを行なっておきましょう。

 

板金工事についてはこちらの「屋根板金工事」をご覧ください。

 

下地やルーフィングが劣化している場合は「葺き替え」か「カバー工法」が必要になります。

 

詳しくは下のページをご覧ください。

 

「屋根カバー工事」

 

「屋根葺き替え」

 

 

【屋根を長く維持していくために定期点検を実施】

ここまで屋根補修が必要なことをお伝えしましたが、できれば屋根を痛めないことが理想です。

 

屋根は雨を直接受けるところですから雨漏りのリスクも高くなります。

一度でも雨漏りを起こしてしまうと建物の寿命を縮めてしまう恐れがあるため、日頃から状態を維持できるように対策しておくことが大事です。

 

重要なことは劣化を放置しないことです。

 

しかし、屋根は高い場所にあるため痛んでいても目視では確認することができません。

 

できるだけ早く屋根の変化に気がつけるようにするには定期的に屋根の点検を実施することが大切です。

 

屋根材メーカーのメンテナンススケジュールにも5〜10年を目安に屋根の点検を推奨しています。

 

一般の方が屋根に登るのは非常に危険ですから、屋根の点検をするときは業者に依頼して状態を見てもらいましょう。

 

最近ではドローンを使って調査することもできますので、急勾配の屋根もすみずみまで見ることができます。

 

中山建装は無料で建物診断を実施しております。

診断後は調査報告書や工事プランをご提案させていただきますので、メンテナンスの際はぜひお声がけください。

 

無料診断の詳しいことについてはこちらの「屋根・外壁0円診断」をご覧ください。

 

【自然災害なら火災保険で修理できることも】

屋根塗装をするときは補修も一緒に行いましょう!

ここまで屋根塗装前の補修工事の必要性についてお伝えしてきました。

屋根は風や雨など自然現象の影響を受けやすい場所ですから、ちゃんとメンテナンスをしていても不慮なことで損傷してしまうこともあります。

 

屋根工事は足場を組むため工事代も高額になる傾向にあります。

予期していない出費はとても負担が大きいですが、自然によるものだとなかなか防ぐのは難しいことかもしれません。

 

しかし、自然災害が原因する損傷の場合は火災保険を利用して修理できることがあります。

 

ほとんどの方は住宅の購入の際に火災保険に加入しているかと思います。

 

火災保険と聞くと火災のみの保険に思えるかもしれませんが、水災や風災、雪災、落雷、ひょう災、飛来物などさまざまな自然災害にも対応しています。

 

ご契約している保険内容によって補償対象は違いますが、もし保険金が下りれば工事代の負担も軽減することができますので、ぜひご契約している火災保険の内容を一度ご確認してみてください。

 

火災保険については「火災保険を使った修繕工事」でお伝えしておりますのでこちらもぜひご覧ください。

 

当社も火災保険のご相談を承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 

大阪府堺市で、塗装工事、屋根工事のことなら、中山建装へお気軽にご相談ください。

 

大阪府堺市の外壁塗装・屋根塗装なら(株)中山建装へ


大阪府堺市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店

株式会社中山建装

https://nakayama-kenso.com/
住所:大阪府堺市南区御池台2丁2番2-2

お問い合わせ窓口:050-7586-3757
(9:00-18:00 土日祝も対応)

対応エリア:堺市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://nakayama-kenso.com/case/
お客様の声 https://nakayama-kenso.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://nakayama-kenso.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://nakayama-kenso.com/contact/


豊富な経験と国家資格を持った技術者が
責任をもって対応します!

  • 一級塗装技能士

    国家資格一級塗装技能士

  • 一級建築施工管理技士

    国家資格一級建築施工管理技士

  • 外装劣化診断士

    外装劣化診断士
    社)住宅保全推進協会

  • マンション改修塗装技能士

    マンション改修塗装技能士1級
    社)マンション改修技能者育成協会

  • 監理技術者

    国土交通大臣指定資格者証交付機関
    財)建設業技術者センター監理技術者

  • 外壁仕上一級技能者

    外壁仕上一級技能者
    日本外壁仕上業協同組合連合会

  • 外壁仕上基幹技能者

    外壁仕上基幹技能者
    日本外壁仕上業協同組合連合会

  • 雨漏り鑑定士

    雨漏り鑑定士
    社)雨漏り鑑定士協会