施工事例

大阪府堺市 シャッター塗装工事

  • 大阪府堺市 シャッター塗装工事

    Before

  • 大阪府堺市 シャッター塗装工事

    After

    • 施工中の画像
    • 施工中の画像
施工内容シャッター塗装
塗料名日本ペイント:1液型ファインウレタン

大阪府堺市にてシャッターの塗装工事のご依頼をいただきました。

今回ご依頼いただいたシャッターは間口が広く全体的に塗装の劣化が見られました。

塗装の劣化症状であるチョーキングが起こっていて、そろそろ塗装をしないと今度は錆が出てしまいますので塗装するのにちょうどいい時期です。

 

最近のシャッターはアルミ製ですが、スリット(開閉する部分)のところはスチールが使われていますので、塗装が劣化すると撥水性がなくなり錆を発生させる恐れがあります。

シャッターを閉めるとスリットが地面についた状態になりますので雨が降ると長い時間水に触れることになります。

 

スリットから水が伝ってくるためシャッターの下の方は他のところよりも劣化が早くなる可能性があります。

特に錆の状態が悪化すると材自体が朽ちてしまい修復が困難になります。

シャッターですと一部朽ちてしまえば、ちゃんと閉めることができず隙間ができてしまいますので、錆が進行する前に塗装をして保護しましょう。

 

こちらの現場は住宅とは違い歩道に面していますので、塗料が垂れて道路を汚してしまわないように作業前に養生をしました。

通行する方もいますので、作業する範囲はご迷惑をおかけしないようにカラーコーンを置きました。

 

養生が完了したら下地処理です。

ケレンを行って旧塗膜を取り除いていきます。

その後は錆止めを塗布し、仕上げの塗装をしていきます。

 

今回使用した塗料は日本ペイントの1液ファインウレタンです。

こちらの塗料は1液型ですので硬化剤を入れる必要はなく作業性が向上し効率良く塗装することができます。

 

塗料の種類には他にもシリコン塗料やフッ素塗料などがありますので、状態や素材を考慮し、どれくらい保って欲しいかお客様とお打ち合わせして決めます。

主流なのはシリコン塗料ですが、日中の時間はシャッターを開けてますので、塗料の劣化要因となる太陽の紫外線は当たりにくく外壁と比べてそこまで劣化を早めることはありません。

 

ウレタン塗料ならシリコンよりもコストが安くなりますので、環境に合わせて塗料を選んでいくと費用の節約になります。

塗料を選ぶときはいろいろと知識も必要ですので、塗装工事をお考えの方は塗装業者に相談して決めていきましょう。

 

こちらの現場は「大阪府堺市 シャッター塗装工事 現場レポート」でもご紹介しておりますので、良ければこちらもご覧ください。

 

この度は工事のご依頼をいただきありがとうございました。

*mu*


大阪府堺市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店

株式会社中山建装

https://nakayama-kenso.com/
住所:大阪府堺市南区御池台2丁2番2-2

お問い合わせ窓口:050-7586-3757
(9:00-18:00 土日祝も対応)

対応エリア:堺市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://nakayama-kenso.com/case/
お客様の声 https://nakayama-kenso.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://nakayama-kenso.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://nakayama-kenso.com/contact/


豊富な経験と国家資格を持った技術者が
責任をもって対応します!

  • 一級塗装技能士

    国家資格一級塗装技能士

  • 一級建築施工管理技士

    国家資格一級建築施工管理技士

  • 外壁劣化診断士

    外壁劣化診断士社)住宅保全推進協会

  • 管理技術者

    国土交通大臣指定資格者証交付機関
    財)建設業技術者センター管理技術者

  • 外壁仕上一級技能者

    外壁仕上一級技能者
    日本外壁仕上業協同組合連合会

  • 外壁仕上基幹技能者

    外壁仕上基幹技能者
    日本外壁仕上業協同組合連合会