現場レポート

大阪府堺市 外壁・屋根塗装工事 外壁・付帯塗装

2020年12月17日更新

塗装後の画像

外壁・屋根塗装工事の現場の続きをお伝えします。

今回の現場レポートは外壁と付帯塗装の作業をご紹介します。

 

外壁に使用した塗料は関西ペイントのアレスダイナミックMUKIです。

関西ペイントは日本を代表する大手塗料メーカーで、下塗り用の塗料を豊富に揃えています。

 

下塗り用の塗料が多いことで塗装が難しい素材や状態でも対応することができるメリットがあります。

アレスダイナミックMUKIは「無機」と「有機」の特性を発揮させて非常に高い耐候性を持っています。

 

塗装後の画像

 

外壁の色は周辺の建物と馴染みやすいクリーム系の色を採用。

今回の塗料は劣化原因となる物質ラジカルを抑える機能を持っていますので塗装が長持ちします。

 

雨戸塗装の画像

 

上記の写真は雨戸を塗装しているところです。

まずは全体的に塗装するためにローラーを使いました。

 

塗装する時に使う道具はローラー以外にハケやスプレーガンがあります。

それぞれの道具は塗装する場面や素材で使い分けていきます。

 

塗装画像

 

台所の窓には木材で造った額縁が取り付けてありました。

今の住宅は窓枠など額縁が付いてないのが主流ですが、昔の住宅のほとんどは上記の写真のように木の額縁が取り付けてあります。

 

塀補修後の画像

 

以前の現場レポートでご紹介した門塀の補修箇所も塗装しています。

上記の写真は補修後の写真。

これだと補修した跡が目立って見栄えが良くありません。

 

補修後の塗装画像

 

しかし、補修した箇所を塗装してあげれば跡は目立たなくなります。

また、塗装することで防水性が復活して劣化を抑えられますので、塗膜が劣化しているところがある場合はちゃんと塗装をして保護してあげましょう。

 

劣化症状を放置してしまうと建物をどんどん痛めてしまいます。

損傷が進行すると修復するのにも規模が大きくなっていき、工事費用も高くなっていきますので注意しましょう。

劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意!」で詳しくお伝えしていますのでご参考にしてください。

*mu*


大阪府堺市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店

株式会社中山建装

https://nakayama-kenso.com/
住所:大阪府堺市南区御池台2丁2番2-2

お問い合わせ窓口:050-7586-3757
(9:00-18:00 土日祝も対応)

対応エリア:堺市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://nakayama-kenso.com/case/
お客様の声 https://nakayama-kenso.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://nakayama-kenso.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://nakayama-kenso.com/contact/


豊富な経験と国家資格を持った技術者が
責任をもって対応します!

  • 一級塗装技能士

    国家資格一級塗装技能士

  • 一級建築施工管理技士

    国家資格一級建築施工管理技士

  • 外壁劣化診断士

    外壁劣化診断士社)住宅保全推進協会

  • 管理技術者

    国土交通大臣指定資格者証交付機関
    財)建設業技術者センター管理技術者

  • 外壁仕上一級技能者

    外壁仕上一級技能者
    日本外壁仕上業協同組合連合会

  • 外壁仕上基幹技能者

    外壁仕上基幹技能者
    日本外壁仕上業協同組合連合会