外壁塗装の劣化を放置するリスク

2022年8月31日更新

「外壁が色褪せてきたな」

 

「家が汚れてきたかも」

 

などなど、外壁塗装をするきっかけはいろいろあると思います。

 

しかし、なんで塗装が必要なんだろう、と疑問に浮かぶことはありませんか?

 

見栄えさえ気にしなければ塗装をする必要はないのではないのか。そう思われる方もいらっしゃるかと思います。

 

しかし、外壁塗装が劣化してたら、そのままにせず塗り替えすることをおすすめします。

 

塗り替えが必要な理由は、塗装が古いまま放っておいてしまうと、美観性の低下だけでなく、建物にも悪いからです。

 

今回はどうして外壁塗装が必要なのか、塗装が古いままだとどんなリスクがあるのかを解説していきます!

 

【見た目だけでは済まされない!外壁塗装を放置するリスク】

外壁塗装の劣化を放置するリスク

外壁塗装が劣化するといろいろな症状が出てきます。一番目立ってくるのは、見栄えかもしれません。塗装が古くなれば色褪せや汚れがつきやすくなります。塗装が劣化した建物は古い印象を与えますので、この姿を見て、そろそろ塗装をしようかな、と工事を考える方も多いかと思います。見栄えだけの問題なら、古く見えても大丈夫と思っている方ならわざわざ工事をしなくてもいいかもしれません。しかし、外壁塗装は見栄えだけでなく、他の役割も当然あります。それでは以下に外壁塗装が劣化したまま放置するリスクについて一つずつ解説していきます。

 

【水が染み込みやすくなり、劣化を早める】

外壁塗装に使う塗料は「樹脂+顔料+添加剤+希釈剤」で構成し、硬化すると風雨から保護する塗膜を作ります。塗膜によって水が染み込むのを防ぎ、建物を守っています。そのため、塗装が劣化すると、塗膜の防水性能が落ち、水が染み込んできてしまいます。水が染み込む状態だと、劣化を早める原因となるため、なるべく放置せずに塗り替えをすることが望ましいです。

 

【状態が深刻になると建物の寿命を縮める】

塗装が古くなって水が染み込みやすくなった建物をそのまま長期間放置すると、今度は建物内部にある柱や土台などの構造体にも影響を及ぼし、建物の寿命を縮めてしまいます。建物の寿命を縮める原因は、水が染み込むことだけでなく、後述するシロアリや雨漏りなどもそうです。建物の寿命を縮める原因は一つだけでなく、さまざまな要因が重なり、さらに建物の状態を悪くさせてしまうでしょう。

 

劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。

 

【雨漏りやシロアリは建物に大きなダメージ!】

塗装の劣化は雨漏りやシロアリの被害を誘発する原因になります。雨漏りは屋内に水が流れ込む症状のことで、建物を構成する柱や梁、屋根などを腐食させます。構造体が腐食していると耐震性が低下するため、安全性も失われます。

また、建物を弱体化させるのはシロアリも一緒です。とくに木材を主要な材料に使っている木造住宅は、シロアリに食べられてしまうため注意しましょう。柱や土台などの構造体を食べられてしまうと、建物の耐震性も落ちてしまいます。

 

雨漏りやシロアリの被害は、どちらも工事規模が大きくなる傾向にあります。内部まで損傷していると、外壁を解体しなければ修理することができません。復旧作業も必然的に行うことになりますので、経済的な負担が大きくなってしまいます。

 

雨漏りについてはこちらの「雨漏りを放置すると危険!」をご覧ください。

 

【外壁塗装の本当の目的は?】

外壁塗装の劣化を放置するリスク

もしかすると外壁塗装は建物の見栄えのために行うと思われている方が多いのではないのでしょうか。もちろん建物の見栄えを維持することも外壁塗装の大事な役割の一つです。しかし、外壁塗装はそれだけでなく、建物を守るという役割もあります。塗装をした塗膜は、風雨から建物を守り、汚れもつきにくくします。塗料には配合される樹脂の種類があり、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素などがあり、種類ごとに耐久性が異なります。予算や建物に適した塗料を選ぶことが大切ですので、これから外壁塗装をお考えの方は、自分に合った塗料をお選びください。塗料はたくさん種類がありますので、どんな塗料を選べばいいかわからないという方はご相談にのりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

塗料についてはこちらから

 

【付帯部も忘れずに塗装をしましょう!】

外壁塗装の劣化を放置するリスク

外壁塗装工事は、外壁だけでなく付帯部も塗装をします。付帯部とは破風板や軒天井、雨樋、シャッターなどの建物に付随する部材が含まれています。塗装は付帯部も行なっておくことが大切ですので、塗装工事を行う際は、ご自分でも塗装する箇所を把握しておきましょう。塗装する箇所は見積もりに書かれています。工事が始まってから塗装しないところが発覚した場合、追加料金を請求されるなどトラブルの原因になりますのでご注意ください。

 

見積もりについてはこちらの「料金について」をご覧ください。

 

【外壁塗装は10年が目安!建物診断もおすすめ】

外壁塗装の劣化を放置するリスク

外壁塗装を放置するリスクについてどう感じましたか?見栄えだけなら、そのままでもいいや、とは思わなくなったのではないでしょうか。建物の美観を保つことは、建物を守ることにもつながります。外壁塗装は10年周期が目安なため、このくらいの年数が経っていましたら、一度塗装が必要か建物診断の実施をおすすめします。中山建装は無料で建物診断を実施しております。お家のメンテナンスのことでお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

 

無料診断についてはこちらの「屋根・外壁0円診断」をご覧ください。

 

“mu”

 

大阪府堺市で、塗装工事、屋根工事のことなら、中山建装へお気軽にご相談ください。

 

大阪府堺市の外壁塗装・屋根塗装なら(株)中山建装へ


大阪府堺市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店

株式会社中山建装

https://nakayama-kenso.com/
住所:大阪府堺市南区御池台2丁2番2-2

お問い合わせ窓口:050-7586-3757
(9:00-18:00 土日祝も対応)

対応エリア:堺市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://nakayama-kenso.com/case/
お客様の声 https://nakayama-kenso.com/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://nakayama-kenso.com/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://nakayama-kenso.com/contact/


豊富な経験と国家資格を持った技術者が
責任をもって対応します!

  • 一級塗装技能士

    国家資格一級塗装技能士

  • 一級建築施工管理技士

    国家資格一級建築施工管理技士

  • 雨漏り鑑定士

    雨漏り鑑定士
    社)雨漏り鑑定士協会

  • 外装劣化診断士

    外装劣化診断士
    社)住宅保全推進協会

  • マンション改修塗装技能士

    マンション改修塗装技能士1級
    社)マンション改修技能者育成協会

  • 監理技術者

    国土交通大臣指定資格者証交付機関
    財)建設業技術者センター監理技術者

  • 外壁仕上一級技能者

    外壁仕上一級技能者
    日本外壁仕上業協同組合連合会

  • 外壁仕上基幹技能者

    外壁仕上基幹技能者
    日本外壁仕上業協同組合連合会

  • 一般建築物石綿含有建材調査者

    一般建築物石綿含有建材調査者
    財)日本環境衛生センター